【書類名】要約書

【要約】

【課題】キッチンラック等の格子に何も付け加えることなく、他の食器等の棚と兼用できるワイングラスハンガーを実現する。

【解決手段】

 一方向の間隔が長く、短い方の間隔がワイングラスのステム部分が通過できる広さを持つような格子(例えば図1のキッチンラック)において、格子の長手方向を構成する棒の一部に切り欠きを作る。この切り欠きによって、格子の下からワイングラスのフットをくぐらせて、格子に吊るす事ができるようになる。

 格子は、独立したキッチンラックのものでもよいし、作り付けの棚としてのものであってもよい。

【選択図】図1